全国の糖尿病による死亡率ランキングが発表されました。
 
第1位  青森県 (死亡率が一番多い)
最下位  神奈川県 (死亡率が一番少ない)
 

厚生労働省「2015年人口動態統計月報年報」によると、人口10万人に対する糖尿病による死亡率は、都道府県別にみると青森県が18.2人で全国平均の10.6人を大きく上回り、2年連続で全国ワースト
1位だった。ワースト2位は秋田県16.3人、3位は香川県16.1人。
2015糖尿病ランキング
糖尿病の病状が進行すると、失明や人工透析などの合併症が引き起こされ、患者の生活の質が著しく低下し、医療費にかかる負担が大きくなります。合併症を防ぐためには、糖尿病を早期発見し、適切な治療を継続することが必要といえます。
 

青森県で2006年に行った「糖尿病予防推進の基礎資料収集」を目的とした調査によると・・・
*全国と比べて糖尿病の病状が進行した患者が多い
*病状が重篤化してから生活習慣を改善、情報を収集している
*3大合併症(網膜症・腎症・神経障害)を発症している患者が全国と比べて多い
というような結果がでました。
また、青森県保健医協会の調査によると・・・「医療費が払えない」という経済的理由によって、治療を中断する患者が4割を超えていることに加え、「受診回数を減らしたい」「薬が切れているのに受診しない」などの事例が7割を超えるという結果に。
このことから、医療費負担を下げる糖尿病の治療を考えていかなければ、死亡率は減らないというのが保険協会の見解です。
 
一方、全国ベスト1位の神奈川県は、早い時期から『糖尿病連携手帳』の普及や「糖尿病地域医療連携クリティカルパス」による地域連携を拡充、糖尿病予備軍と指摘された人に早い段階で食生活の指導を行うなどの対策を重ねていることが結果につながっているといえます。
 
日本人の死因上位を占める生活習慣病は、食事、運動、喫煙、飲酒やストレスなどの生活習慣が大きくかかわっています。また、糖尿病をはじめ、高血圧、脂質異常症などは心疾患や脳血管疾患の危険因子となります。定期的に検査を受けること、早期発見、そして治療を継続することで血糖コントロールを良好に保ち、糖尿病の重症化を抑制、合併症を予防することができます。