花粉症ではないのに、鼻水が・・くしゃみが・・止まらない!とうとう花粉症になってしまったかも・・・そんな経験ありませんか?
もしかしたら「寒暖差アレルギー」かもしれません。
 
 

「寒暖差アレルギー」とは・・・

 
寒暖差アレルギーとは、気温の急激な変化によって、自律神経が乱れることにより鼻の粘膜が過敏に刺激され炎症を起こすことをいいます。
自律神経が気温の変化に耐えられる寒暖差は7℃といわれています。7℃を越えると症状がでやすくなります。ここ最近の気温の変化の激しさを考えると十分当てはまる状況です。
また、気温の急激な変化がよくあることとして、寒い場所から暖かい場所への移動、たとえば冷凍庫のような冷たい場所からサウナへ移動・・・またその逆の状況などでも起こることがあります。
 
 

「寒暖差アレルギーと花粉症の違い」とは・・・

 
寒暖差アレルギーは医学的には「血管運動性鼻炎」といわれています。
鼻水・鼻づまり・くしゃみ・咳・頭痛など症状があり、花粉症?風邪?と似た症状があります。
大きな違いとしては・・・
クシャミ女子
*目の充血やかゆみがない
*無色透明の水のような鼻水
また、花粉症は花粉という抗原(アレルゲン)が原因なのに対し、寒暖差アレルギーは自律神経の乱れが原因というのが一番の大きな違いといえます。
 
 

対処法は『自律神経を整える』こと

 
アレルギーと名前がついていますが、寒暖差アレルギーは自律神経の働きの悪さが原因。
そのため、対処法として「自律神経を整えること」です。十分な睡眠・バランスの良い食事・適度な運動・規則正しい生活を送るほか、ぬるめのお風呂に入ってリラックスすることも自律神経を整える効果があります。
また、寒暖差アレルギーは寒暖差が7℃以上になると体の調整機能が追い付かず、鼻の血管が敏感になって症状が起るというメカニズムです。シンプルに「寒暖差をなくすこと」を心がけましょう。極端な温度変化に体がさらされないように、こまめに服を着替えたり、マフラーを利用して体温調節をしたり、マスクなどで鼻の粘膜を潤しておくこと。さらに、身体の栄養バランスを整えるために普段からサプリメントなどで気軽に、体調管理をすることも対策の一つです。

 

症状だけでは花粉なのか、寒暖差アレルギーなのか判断が難しいところもあります。花粉症と寒暖差アレルギーでは治療法も異なりますので、一度耳鼻咽喉科などで検査をしてみるのもよいでしょう。