現代人に多い低体温・・・

 
自分の平熱を知っていますか?
健康な体を維持するための体温は、36.5~37.1℃といわれています。最近、若い女性や男性に36.0℃以下の「低体温」が増えています。
 
 

「冷え性」と「低体温」の違い

 
冷え性と低体温・・・同じような感じがしますが、実は全然違います。
冷え性は、体温の高い低いに関係なく、手足の冷えや下腹部の冷えなど自覚症状として感じる状態。
低体温は、身体全体を冷やした状態で体温が低くなっていくことで、自覚として感じにくい。身体が冷えることで内臓の温度がさがり、芯から冷やしてしまうので健康状態に悪い影響がでてきます。
 
 

低体温の怖さ・・・

 
内臓の温度が下がることによって、必然的に内臓の動きが鈍くなり新陳代謝が悪化、また血流が悪くなることで、様々な症状がでてきます。抵抗力も低下し風邪などの感染症にかかりやすくなったり、薬物代謝酵素の働きも低下、薬が効きにくくなったり、薬の副作用が生じやすくなります。
他にもこんな症状が・・・
*肩こり、頭痛、腰痛、アレルギー症状、生理不順、子宮筋腫、むくみ、便秘など・・・
 
もし、体温が1℃下がったら・・・
免疫力 30%低下、基礎代謝 12%低下、体内酵素の働き 50%低下するといわれています。
 
 

体温が1℃上げると免疫力は30%アップする

 
体温を上げると血流がよくなり、免疫力がアップします。血流は私たちの身体を構成する約60兆個もの細胞に栄養と酸素を送り届け、かわりに老廃物を持ち帰り排出する働きをしています。その血流の中に免疫機能をもった白血球が存在し、その白血球が身体をめぐることで、体内の異物をパトロールしているのです。免疫力強い
白血球は、外界ウィルスや細菌だけでなく、ガン細胞が体の中に発生するたびに、免疫細胞が攻撃して死滅させてくれます。健康な人でもガン細胞は1日に約5000個も発生しています。
その一つでも免疫という監視システムをかいくぐって生き残ると、1個が2個、2個が4個・・・と倍々のように増えていき、やがては『癌』に姿を変えてしまうのです。
健康を維持してくれる免疫力は、体温が1℃下がるだけでなんと30%低下します。
1日に1500個のガン細胞が、免疫システムから見逃されて増殖をしていくという計算になります。
体温が正常に保たれていれば、これらの免疫システムも正常に働いて、健康が維持される状態となります。
まずは、自分の平熱を知って低体温を克服して、血流を良くしておくことが免疫力を向上につながるのです。
 
*平熱のはかり方
午前10時位にわきの下で測った体温が一番正確な体温。
日内変動があり、早朝の3~5時が最低・・夕方の17~18時から夜に最高となります。
女性の場合は、排卵後体温が上がる高温期があるため、生理開始後~排卵まで低温期に測った体温が目安となります。また、飲食、入浴、運動の後や外からの入室後30分の間は検温に適さないので注意が必要です。
ちなみに、50年前の日本人の平均は36.89℃、現代は36.20℃といわれています。
 
 
*『低体温』の原因は生活の乱れと筋肉量の低下
 
食生活の乱れ
私たちは食べ物に含まれる糖質からエネルギーや熱を作り、体温を保っています。
体内で糖質をエネルギーに変える時に必要なのが、亜鉛・マグネシウム・鉄・セレンなどのミネラルをビタミン。最近は加工精製食品の摂り過ぎ傾向にあり、たんぱく質・脂肪・当分の過剰摂取の反面、ミネラル・ビタミンが不足しているため、食物から体温を上げることが出来ず低体温となります。
 
筋肉量の低下
50年前と現代ではライフスタイルの変化により、明らかな運動不足になっています。
たとえば、50年前は掃除、洗濯、料理などはすべて手作業で行い、その上で畑仕事をするなど日常的な運動量が多かったのです。それに比べ現代の生活は、乗り物や家電の充実によって運動量が低下し、それに伴い筋肉量が減少します。筋肉は人体最大の熱産生器官なので、筋肉が少なると体温も下がります。また、エアコン生活によって汗をかきにくい環境であることで、体温を調節する自律神経の働きが鈍くなり低体温の原因になることも・・・。
 
 

簡単!体温をアップするちょっとした習慣

バランスのとれた食事でビタミン・ミネラル補給
ビタミン・ミネラルは、体内でエネルギーを作る際に必要とされ、そのエネルギー生成の過程で熱を作ります。亜鉛・鉄・セレンのミネラル、ビタミンB1・B2などを積極的に摂りましょう
 
1日30分歩く
たとえば、通勤時に1駅歩く、毎朝の犬の散歩、買い物の時バスを使わないなど、
30分を目安に歩いてみましょう。続けて30分歩けない場合は、15分を2回、10分を
3回に分けてみるなど、無理なく続けられる方法を考えましょう。
 
湯船につかる
湯船に10分つかれば、大体体温が1℃くらい上がります。最近はシャワーで済ませ
る人も多いようですが、湯船につかって、身体を芯から温めましょう。お風呂
 
かかとのストレッチ
両足を少し開いた状態でまっすぐ立ち、かかとを上げ下げする簡単な運動で血流
アップ。また、ふくらはぎ・太もも・腰の筋肉を一度に鍛えることができるスク
ワットもおすすめです。
 
腸内細菌のバランスを整える
お酒をつくるとき、酵母により米を発酵しますが、その時に相当の熱(エネルギー)
が放出されます。
人間の腸も生きた発酵器官ですから、食べたものはお腹の中で腸内細菌の影響で発
酵しているので、腸内及び内臓が温かい状態に維持されています。
お腹が温かいことは身体全体を適温に保つ条件となります。
腸内細菌のバランスを整え、腸内環境を整えることが大切といえます。
 
腹巻・タイツ
腹巻やカイロで身体を冷やさない外側からの工夫もしましょう。
女性に限らず、男性もズボンの下にタイツや下着を1枚増やしましょう。
 
オリゴ乳酸
オリゴ乳酸は、腸内環境を整えることで免疫力・血流に影響を与えるとがわかって
います。
サプリメントとして、毎日手軽に摂取することで効率よく健康力を高めることがで
きます。