高齢者は何歳から

国連の定義によると、65歳以上が高齢者とされています。

日本は世界の中でも『平均寿命』が最高水準といわれていますが、一方で『健康寿命』との差が広がりつつあります。

『健康寿命』とは、心身ともに自立して健康に生活できる期間のことです。

『平均寿命』と『健康寿命』の差が『不健康な期間』であり、寝たきりや介護が必要な状態で生活する期間です。

どうせ生きるなら、健康で元気に楽しく長生きしたい!と、高齢者自身の意識も大きく変化しています。

 

 

『平均寿命』と『健康寿命』

厚生労働省によると、2013年の健康寿命の平均は男性が71.19歳、女性が74.21歳。

『平均寿命』と比較してみると男性は約9年、女性は約12年も寝たきりや介護に頼って生活している『不健康な期間』があるのです。

 

女性  平均寿命86.61歳    健康寿命74.21歳   不健康な期間12.4年

男性  平均寿命80.21歳    健康寿命71.19歳   不健康な期間9.02年

健康寿命

『平均寿命』と『健康寿命』の差を、いかに短くするかが現在の日本における重大な課題となっています。

 

 

『高齢者の生きがい』は、健康状態に比例する

内閣府の『高齢者の地域社会への参加に関する意識調査』によりますと、8割以上の高齢者が生きがい(喜びや楽しみ)を感じている・・・と回答しています。

性別ではさほど違いはありませんが、年齢が高くなるほど生きがいを感じている人の割合は低くなっています。

また、健康状態が良い状態であるほど生きがいを感じている人の割合が高く、なんと9割強となっているのです。

つまり、健康であることは生きがいと深くかかわっていることがわかります。

幸せな老後を送るために、まずは健康であること。

『健康寿命』を1日でも延ばし、自分自身で自立し充実した生活を送りたいものです。

 

 

2020年には高齢化率が約30%

高齢者数は2040年まで増え続け、2020年には高齢化率が30%近くに達する見込みです。

半世紀前までは、65歳以上の高齢者1人を9人の現役世代が支える『胴上げ』社会。

近年では3人で1人を支える『騎馬戦』社会。

そして、2050年には国民の4割が高齢者となるため1人を1.2人が支える『肩車』社会が到来すると推測されます。

政府は2020年までに、『健康寿命』を1歳以上延ばすことを目標に掲げています。

『健康寿命』が延びると、生活の質の向上だけではなく医療や介護の費用の削減にもつながります。

快適で幸せな老後を送るために、普段から、バランスの良い食事や適度な運動、サプリメントで足りない栄養を補う、地域のコミュニティへの参加など、ストレスにならない程度の毎日のちょっとした努力を心がけましょう!