4人に1人は花粉症


現在、日本人の4人に1人は『花粉症』だといわれています。

『花粉症』とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどのアレルギー症状を起こす病気です。これは季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれていますが、原因物質(アレルゲン)によって2つに分けられています。

 

*季節性アレルギー性鼻炎

原因となる花粉の飛ぶ季節だけ症状がおこります。日本では原因となる植物がスギをはじめ、60種類ほどあると報告されています。

(スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサなど・・・)

*通年性アレルギー性鼻炎

原因物質(アレルゲン)が1年中あるので、1年中症状があります。

(ダニ・ハウスダスト・ペット・昆虫など・・・)くしゃみ

『花粉症』のメカニズム

 

人のカラダには病原体などから、自身を守るための免疫細胞(リンパ球)があります。

体内に入ってきたものを異物と認識・判断するとこれを排除しようと働くのがIgE抗体です。

これが過剰に働いて起こるのがアレルギーです。花粉症は花粉に過剰反応して起きたアレルギーなのです。

1 カラダに花粉が侵入する。
2 カラダが花粉を異物と認識すると、IgE抗体がつくられ、鼻や目の粘膜にある肥満細胞にくっつきます。
3 IgE抗体が一定量に達した状態で、再び花粉が体内に入りIgE抗体にくっついたとき肥満細胞がヒスタミンなどの化学物質を放出。花粉をできる限り体外に排出しようとします。

そのため、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないよう防御するなど症状が出てくるのです。

 

 

 

『花粉症』が悪化すると・・・

 

今から20年ほど前まで『花粉症』という病気は存在していませんでした。

正確には、花粉症の症状を抱えている人はいましたが、病気として認定されていなかったのです。

1990年以降に『花粉症』という言葉が問題視されるまでは、アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎と呼ばれていました。

その症状も花粉が飛散するシーズンが過ぎると鎮静化するため、あまり重い病気というイメージがありませんでしたが、スギ花粉などは年々飛散量が増加し、またスギ以外にもひのき、ブタクサ、よもぎなど1年を通して様々な花粉による症状が増え、重症化する患者数も増加しています。

花粉症が重症化すると深刻な病気に発展することがあります。

テレビ、パソコン、スマホなどの普及により無意識に目を酷使する現代では、目をこすり過ぎて網膜剥離をおこしたり、鼻炎症が酷くなることで呼吸器に異常をきたし、気管支ぜんそくや慢性気管支狭窄症などの深刻な病気を合併することも考えられます。

また、日常的に鼻が詰まっていることで口呼吸が増え、いびきや睡眠時無呼吸症候群、歯周病など日常生活に支障をきたすことも・・・

 

『花粉症』には早めの対策が大切!

 

一般的にスギ花粉は九州や関東では1月下旬から、関西では2月上旬から飛散し始めます。

花粉が飛び始める2週間前くらいから、対策を開始することが最も効果的だといわれています。

*外出時の注意点

メガネやマスクを着用し、花粉が鼻や目から侵入しないように防ぐこと。

*帰宅時の注意点

玄関に入る前に、衣類に付着した花粉を払い落とすこと。

*室内での注意点

外に干していた洗濯物などは、付着した花粉を払い落としてから取り込むこと。

花粉の飛散量が多い日は、ドアや窓は閉めておきましょう。

 

また、室内をこまめに掃除したり、睡眠時間を十分にとって体調管理を整え、ストレスをためないようリフレッシュしたり、サプリメントなどで普段から免疫力を整えておくことも対策の一つです。