冷え性とは

 

eakon_samui
寒い寒い冬の到来で、手先や足先がかじかんで動きがにぶくなったり、暑い夏でもクーラーなどを利用することでひざ掛けや靴下が必需品。このように現代では、一年中冷えに悩まされている方も多いと思います。

冷え性とは一般的に、「手や足や腰、下半身などがいつも冷たい、またはその体質」のことをいいます。身体の他の部分は冷えてないのに、特定の部分だけ冷たさを感じるというのも冷え性の症状です。

 

冷え性と冷え症の違い

 

冷え性は一時的に手先や足先などが冷えている状態のことをあらわします。季節による気温変化やクーラーを利用することで身体が冷えてしまい、手足の動きが妨げられている状態。基本的には本人が冷えと自覚した症状があらわれていること。

冷え症は、病院など専門の機関で診断を受けたうえで治療が必要と判断されたことをいいます。症状としては、どちらもほぼ同じような感じですが、診断をいう判断がはっきりとしていることです。

 

体温を保つしくみ

 

人間は、もともと体温が大きく変動する動物ではなく、気温が変化しても一定の体温を保とうとする「恒温動物」。身体は血液の流れる量を変化させたり、汗をかいたりすることで体温を一定に保つように調節機能が働いています。身体が寒さを感じた時、肝臓から血液中にインターロイキン1という物質が放出されることで筋肉を振動させて熱を生み出し冷えを緩和させます。これが『身震い』となります。また、交感神経を刺激し、皮膚付近の血管を収縮させることで体温を奪われないよう抑制しようとします。これが『鳥肌』です。脂肪も燃焼することで熱を作り出したり、体内に貯蔵されたグリコーゲンがブドウ糖に分解することで血糖値を上げて、熱の生産を促したりします。

逆に、身体が暑さを感じた時は血管を広げたくさん血液を流し、皮膚温度を上げて熱を放出したり、汗をかくことで熱を逃がしたり、汗で身体を冷やしたりするよう調節されています。

 

冷え性の原因

 

本来、身体が働くべき体温調節が何らかの原因により、機能しなくなり血流低下・筋肉不足・基礎代謝の低下などで身体が冷え、冷え性となり症状としてあらわれます。

・自律神経の乱れ

ストレスや不規則な生活などにより、体温調節の命令を出す自律神経がうまく機能しなくなったり、室内の空調が常に効いていると、室内外の温度差が激しくなるため、自律神経が乱れ冷え性を招くことになります。

・皮膚感覚の乱れ

きつい下着や靴などで身体を締め付けることで血流が滞り、皮膚感覚がマヒすることがあります。そのため、寒さを感じにくくなり体温調節の指令がうまく伝わりません。

・血液循環の悪化

貧血、低血圧や血管系などに疾患がある人は、血流が滞りがちになります。

・女性ホルモンの乱れ

ストレスが多かったり、更年期になると女性は心身をコントロールする女性ホルモンのバランスが乱れ血流の悪化を促進することもあります。

・筋肉量が少ない

女性は男性に比べ、筋肉量が少ないため筋肉運動による発熱や血流量が少ないことも女性に冷え性が多い原因のひとつと考えられています。また、女性に限らず運動不足の人も、筋肉量が少ないため冷えを感じやすくなります。

 

冷え性を放置すると危険なの?

 

illustration

冷え性で悩む人には、身体の他の部分にも不調を感じていることが多くあります。

病気のサインでもある冷え性、思わぬ病気が潜んでいることもしばしば…。

*膀胱炎

冷えを感じている女性に多く、繰り返し引き起こし慢性化しやすいという特徴があります。通常、膀胱内の粘膜温度が36~38℃を保っていれば、細菌に侵入されても繁殖、感染することはありません。身体が冷えてしまうことで細菌に感染したり、冷えによる排尿の頻度が増えたり、我慢することで、細菌が膀胱内で繁殖してしまいます。

*慢性関節リウマチ

特に30代~40代の女性が発症する慢性リウマチは、体の冷えが原因のひとつといわれています。

*自律神経失調症

血流の流れをコントロールする自律神経がうまく働かないことによって起こる冷え性は、まじめで責任感が強く仕事熱心な働き者に多いといわれています。「冷え」も自律神経失調症の症状のひとつ。多くの人は冷え性は単なる「冷え」だと思っています。しかし、血管の拡張や収縮など、血液の流れに関係するものは自律神経が調節しています。

自律神経のバランスが乱れると体が冷え、冷えると自律神経が乱れる という悪循環に陥ることも・・・。

*アレルギー性疾患

アレルギー反応とは、体に害のない物質に対して免疫機能が過剰に反応して自分自身を攻撃することで起こる症状ですが、免疫機能が過剰に反応するのは自律神経が乱れが原因ということも。

つまり、身体が冷えて冷え性になることで免疫力が低下し、免疫機能が暴走するということが考えられます。

 

 

日頃の生活リズムを見なすこと。そして継続することが大切。

 

・温める

冷えた身体を温めるのに効果的なのがお風呂。血液の流れをよくしたり、リラックス効果もあります。

ただし、熱いお風呂は危険。熱いお風呂は血圧を上昇させ、お風呂から上がると一気に急降下、この激変に心臓や脳が耐えられず、突然死を招くことも少なくありません。

冷えの改善には下半身がポイント。38~40℃のぬるめのお湯に、みぞおちまで入る半身浴で20~30分入って下半身を十分温めると大きな効果があります。下半身を温めることで、血液が全身をめぐり身体全体を芯から温めることになります。

・服装

首回りをスカーフやマフラーで温めましょう。靴下を何枚も重ねてもなかなか温まらない時には、お腹を温めましょう。お腹を温めることで内臓が温まり血液の循環が良くなり、手足が温かくなります。腹巻などを上手に活用しましょう。

・食事

身体を温める食材として、寒い地方で摂れる冬が旬の食べ物が知られています。

蕎麦や塩鮭、レバーや羊肉、また濃い色の食べ物として黒豆、小豆、黒砂糖、赤ワイン、玄米なども身体を温めます。また、冷え性改善に効果が大きいとされているのが生姜。紅茶などに入れて飲んだり、料理に少量使用するだけでも効果があります。

・運動

ゆっくりした腹式呼吸を意識し、ウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。また、運動不足の方が続けられるよう、ダンベルなどを利用した筋力アップの無酸素運動も無理のないよう少ない負荷から始め、適度な運動量を長く持続させられるよう意識しましょう。