「更年期障害」と聞くと、40歳を過ぎた女性に起こる特有の症状を想像すると思いますが、男性も加齢やホルモンバランスの乱れに伴い症状が現れることが近年わかってきました。女性の更年期障害と共通点が多く、抑うつや頭痛、めまい、のぼせ、発汗などの症状のほか、精神面ではイライラや不眠、集中力の低下などが起こります。また男性特有の症状として性欲低下や勃起障害などがあります。
閉経前後の期間で起こる女性の更年期障害に対して、男性の場合は、いつ始まるのか、いつまで続くのか・・・期間が不明確なため、より深い不安感にさいなまれます。

その男性更年期障害の原因は、近年の研究で、男性ホルモン「テストステロン」が大きな影響を与えていることが分かりました。
男性ホルモン「テストステロン」が低下し、バランスが乱れてしまうことで身体と精神面に様々な不具合が生じてきます。

男性ホルモンとは

男性ホルモンとは、ステロイド分泌物質といわれ、カラダの中で筋肉を発達させる、体毛を増やすなど男性の身体を作り上げるためのホルモンといえます。
男性ホルモンには、いくつかの種類があります。
なかでも代表的な「テストステロン」で、男性ホルモンの95%を占めており、精巣で分泌して、視床下部でつくられる「黄体ホルモン」と下垂体でつくられる「性腺刺激ホルモン」のバランスで保たれています。

男性ホルモン「テストステロン」の働き

「テストステロン」の働きによって、筋肉や骨がたくましくなり、ひげや体毛、性欲など男性らしい姿が形成される他、チャレンジ精神や自分の世界を広げようとする意欲、内面的な男らしさにも関係しています。
男性ホルモンの働き・・・
・活力の昂揚
・筋肉増進
・男らしいカラダの形成
・骨を強くする
・性欲の増進
・動脈硬化の防止
・内臓脂肪抑制
・精子の形成

男性ホルモンは女性にもあるの?

男性ホルモンは男性だけのものではなく女性の身体にも分泌されています。
男性の身体を作るために必要な男性ホルモンですが、女性ホルモンも同時に作られているのです。
その反対に、女性の身体でも男性ホルモンは作られています。
つまり、男性は男性ホルモン、女性は女性ホルモンの分泌量の割合によって、男性らしさや女性らしさが形成されているといえます。

男性ホルモン「テストステロン」のバランスを整えるために

男性ホルモンのバランスを整えるためには、日々の生活を見直す必要があります。
具体的な方法は・・・
・バランスの良い食事(適切なカロリーを摂取)
・適度な運動(筋力トレーニング)
・刺激を受ける(感動する)
・良質な睡眠
・目立つ
・自信を持つ
・ストレスをためない
・人を愛する

また、適量のアルコール(缶ビール500ml程度)摂取は男性ホルモンを高めることや、ダイエットなど肥満を解消することによっても上昇するという報告もあります。
ミネラル・ビタミン・アミノ酸といった人間に必要な栄養素をバランスよく、食事で摂取することでホルモンバランスを整える効果があります。
また、サプリメントを利用することで効率よく栄養バランスを整えることができます。

このように、男性ホルモン「テストステロン」は男性にとって、いつまでもイキイキと意欲に満ちた生活を送るうえで欠かせないものだという事がわかりました。
男性の更年期障害を正しく理解し、早期に適切に対処していくことが大事といえます。