最近なんだか身体がダルい…肌の調子が悪い…年のせいかしら…
こんなことを言っている人、あなたの周りにも沢山いるのではないでしょうか。
もしかしたらあなた自身がそうかもしれませんね。
身体に対して何らかの不調、特に慢性的な不調を訴えている人達に
共通しがちなのが、便の状態があまりよくないという点です。
女性は、便秘で2日も3日も出ていない人が多いですし、男性は下痢気味という人がが多い傾向にあります。
便の状態が良くないとは、つまりは腸内環境が良くない状態で、身体の調子が良いという事はあまり考えられないのではないでしょうか。
腸内環境は、体調を整える上で極めて重要なポイントだとも言えるのです。

腸内環境が乱れるとどうなる

なぜ、腸内環境は体調を整える上で重要なポイントなのでしょうか?
腸は毎日の食べ物や飲み物を栄養として吸収する場所だからです。
腸で吸収した栄養により、私達の血液や体質は決定されます。
健全な腸内環境により、私達の身体も健全となるのです。
つまり、いかに腸を健全な状態に保つか、これが私達が健やかに過ごすための重要なポイントとなるのです。

健康習慣は、あなたの心掛けからはじまる…

健全な腸内環境を保つためにはどうすれば良いのか?まずは肉中心の食事を改善して行きましょう!
腸内の悪玉菌は、タンパク質や脂肪が大好物なのです。
これらを多く含むハンバーガーなどのファーストフードは悪玉菌の格好の餌食です。
悪玉菌が腸内で増えていくと、悪臭のする有害物質を作り出し、下痢、便秘、肌荒れなどの原因となるのです。
当然良い腸内環境は保たれないでしょう。
肉を減らし分、食物繊維を多く摂るように心がけましょう。
食物繊維は、腸内で水に溶けて有害物質を吸着し体外へ出す働きがあります。
食物繊維を多く含むものとしてはリンゴやバナナなどの果物、海藻やきのこなどが挙げられます。
ちょっと味気ない食べ物が多いですが、腸内環境のため、少し多めに摂るようにしましょう。
腸内環境を健全にするためのポイントとして意外と知られていないのが運動です。
運動をすることにより、腹筋が強くなり腸のぜん動運動がしっかり行われるのです。
ランニングをしたりすると、お腹周りが活発になったりしますよね。
腸内環境のためにはもちろんですが、運動をすることによって姿勢や代謝がよくなるなど、オーバーワークは
禁物ですが…健康のためにも適度な運動は心掛けたいものです。
食べ物に気をつけて、運動をして綺麗な便が出て、腸内環境が整い出すと
快適な朝をむかえることができて、気持ちの良い毎日が始まります。
素敵な毎日を送るために、まずは腸内環境を素敵にしてみてはいかがでしょう。