アレルギーを持っている人は、日本人は3人に1人…これほど多くの人がアレルギー体質だといわれています。また、成人から、高校、中学、小学生、園児、幼児とより一層低年齢化の傾向にあります。
小児喘息を発端に、アレルギー性鼻炎の症状が現れるなど、その傾向は様々ですが、一つのアレルギーを持っている人は比較的他のアレルギー反応も出やすいようです。
食品アレルギーや小児喘息は年齢と共に出ることは少なくなりましたが鼻炎だけは成人になってから長い間悩まされることになります。クシャミが出やすかったり、鼻水がすぐ出るという状態は、頻繁に鼻をかむことで対処していましたが、どれもその場しのぎで根本的な改善にはなりません…

 

共存を余儀なくされる鼻炎のつらさ

学生時代は、授業中でも試験でも鼻をかむことは容易です…しかし、社会人になると、いつでもどこでも鼻をかんでも良いという訳にはいきません…接客時や重要なプレゼンなどでは鼻をかむことは難しくなります。
そうなると、処方されたアレルギーの薬を飲むだけでは対応しきれません…その場しのぎの対処ではなく、点鼻薬など更なる工夫が必要になります。それでも、大きな改善が見込めない場合は、セカンドオピニオン(第二の病院、別の病院の選択)も選択の一つです。
大きな改善に必要な一つにアレルギー性テストを行い、自分がどのアレルギーに反応があるか確認してから具体的に治療法を考えていくという方法があります。テストの結果により、ハウスダストやダニ、花粉症など季節的な要因など、しっかりと原因を見極めることは、とても大切なことなのです。

 

根気強く向き合う作業の必要性

アレルギーの代表といえば、花粉症を思い浮かべますが、ハウスダストもとてもつらいアレルギーの一つです。日常生活ではなるべくハウスダストやダニをなくすために掃除などを心掛け、治療としては、鼻の粘膜を焼き、粘膜のアレルギー反応を鈍らせる方法などもあります。しかし、中には一時的には効き目があったように思いましたがしばらくすると粘膜が回復してしまったのかすぐに効果がなくなってしますケースもあるようです。
また、飲み薬でアレルギー反応を抑える薬にて、肝臓の値がよくない数値が出てしまうなど度々紹介されますが、基本的には、医師の指導のもと、適切な使用を守る事が大前提であり、それでも、体に合わない場合や不具合のある時は、積極的に係りつけの医師に相談をするようにしましょう。
現在の薬や点鼻薬は進化の一途をたどり、安全性も高く効果のある製品が続々と店頭に並んでいます。
特に、噴霧式の点鼻薬は、肝臓への影響や副作用の心配も今までより気にすることなく効果を発揮してくれるので、アレルギー性鼻炎の救世主として現在では、多くの人が愛用しています。
アレルギー性鼻炎はすぐに改善されるということは少なく、いろいろと治療法をみていきながら対処していくことになると思いますが、自身の体質にあった製品探しを根気よく続けることが改善への近道なのでしょうか…